松山市救急ワークステーション

新築主体工事

 施工場所

愛媛県松山市末広町

 施工期間

平成27年2月~平成27年9月

 施工内容

鉄骨造2階建

延床面積:220.29㎡

GALLERYを見る

松山市救急ワークステーション新築主体工事

県立中央病院の西側に立地し、一般車両及び通行人等の交通量が非常に多い市道に面する松山市発注による消防局の車庫兼事務所棟です。構造は鉄骨造2階建て、外壁に押出成形セメント板、屋根防水はシートを用いた構造で、建築工事としては一般的な仕様となっています。

 

施工着手において、この物件では特に仮設計画を入念に計画する必要がありました。工事敷地に余裕がなく、また前面道路の交通量の多さのため、地盤改良工事、基礎工事、コンクリート工事、鉄骨工事等における各建設重機や資材の搬入、配置、工事の着手・終了を想定した綿密な計画が、工事を円滑かつ安全に進める上での必要条件でした。

 

仮設計画の良し悪しはその後の工事に多大な影響を与えるとともに安全性、経済性にも大きく影響します。この物件では、仮設計画や下請業者さんとの協力関係もあり、工程計画通りに無災害で完工・引渡しをすることができました。

 

現場管理責任者 稲田 昌仁

他の施工事例を見る

Copyright © BRC Ltd. All rights reserved.

株式会社BRC
〒790-0931
愛媛県松山市西石井6丁目5-18-1
TEL. 089-968-2812

弊社は愛媛FCを応援しています!